ショウジンなら外壁塗装・屋根塗装の足場工事代が安い

足場工事を安く出来る理由

足場設置工事

外壁塗装には塗りはもちろん、外壁のひび割れ、隙間、痛みの激しい箇所を専用補修材にて補修、調整しなければなりません。足場工事は安全かつ質の高い外壁塗装をする上で、必ず必要なものです。足場代金は一般的に外壁塗装の工事総額のおよそ20%程とされております。同業他社ではこの足場工事を足場専門業者へ外注依頼している事が多く、 中々足場代金を抑えることが出来ません。ショウジンでは自社所有の足場部材と自社職人による設置工事で、この足場工事代金のお客様への負担をグッと抑えることが可能です。

ショウジンの足場工事価格/足場代が安い=塗装、他工事が高い訳ではありません。
外壁塗装工事参考概略見積書

左記の見積書をご覧ください。(画像クリックで拡大します)
当社では面積や長さが測定出来る部分は全て算出して、出来る限り細かい内容での見積書を作成いたします。
○○作業一式などこのような見積書では不透明で何にいくら掛かっているかなど全く分かりません。ショウジンでは見積書の内容からガラス張りにして、お客様へ作業内容、塗料についてなど全て丁寧にご説明いたします。
他社での見積りに不安や不満がございましたら、是非ショウジンへご相談下さい。解決させていただきます。

外壁の塗替えや、屋根の補修、塗装をお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい
簡単な足場面積の計算方法

この計算方法はあくまでも、ある程度面積を自分で把握したいという方への『一般的な計算方法』です。 上記図は、建物を上から見たものです。白い点線部分が建物で3間×5間の建物で1Fが15坪の総2階建ての30坪の建物になります。 建物の周囲は16間なので16間×1.82mだと29.12mです。1間をメートルに換算すると約1.82mです。足場は工事の為に設置するのであってそのためには外壁、または施工部分から離して立てないと本来の作業に支障がでますので、建物から60センチ程度離して立てることが多いです。上記図のピンクの線が足場の設置位置になるように表しました。 建物の角より前後左右で60センチ離れていて、建物周囲より足場の周囲が合計で4.8メートル多くなり足場の周囲は33.92メートルになります。そして足場の高さを掛ければ、足場面積は計算できますが建物の高さが分からないかと思います。建物により違いがあるかとは思いますが、一般的な2階建ての場合なら、軒側(雨樋の付いている側)なら6.5メートル前後で、切妻屋根などの高い面では7.5メートル前後だと思います。飛散防止ネットや養生シートの取り付け位置によっても高さは変わります。また、高圧洗浄をしたりすると汚れた水しぶきがかなりの勢いで回りに飛び散るため、建物高さより足場を高くすることもあります。屋根も塗り替えるなどで何かしらの工事がある場合も建物より足場を高くすることもありますが『建物から60㎝程度離した外周の長さ×工事上必要な高さ』で足場の面積はおよそ計算出来ますので、皆様も外壁塗装の見積りをとった際の参考にしてみてください。

ページのトップへ戻る